先見性と実践主義による研究開発が、確かな製品づくりの土壌です

セラコート工業株式会社

産業ロボット用・手ハンダ付け用特殊耐久ハンダコテ先メーカー

私たちの事業

【本年採用も随時実施中!!!6/27・28・29説明会予約受付中/内定まで最短二週間!】
横浜市鶴見区で創業60年。産業ロボット用及び手ハンダ付け用のハンダコテ先専門メーカーです。設計製造から販売までを自社内で一貫して行い、お客さまが抱える様々な課題に対して、数万種類の独自コテ先にて改善や対策に貢献しています。豊富な経験と実績により、多くの知的財産を保有。産業ロボット用コテ先では世界トップシェアを誇ります。

  1. 先見性と実践主義による研究開発が、確かな製品づくりの土壌です

    先見性と実践主義による研究開発が、確かな製品づくりの土壌です

    当社はコテ先専門メーカーとして、お客様の声と市場開拓で得た情報から市場のニーズを先取りし、蓄積してきた豊富な知識と知恵を基に繰り返し技術検証を行っています。この積み重ねが、多くの特許や実用新案取得という成果にも現れています。鉛フリーハンダ問題にもいち早く取り組み、取引先様への広報を行うとともに、鉛フリーハンダ対策用コテ先の製品化も他社に先駆けて実現しました。それらの製品は、当社の財産である社員一人ひとりが持つ“職人芸”のたまものです。高度な知識と技術力により一本一本心を込めて製作するとともに、自社内で設計から販売までの全工程を管理しているため、自由で幅広い発想と独自性が可能となっています。

  2. ハンダコテ先の分野で、他の追随を許さない独自の製造技術を確立

    ハンダコテ先の分野で、他の追随を許さない独自の製造技術を確立

    私たちは1958年の事業開始以来、長年にわたりお客さまのさまざまなハンダ作業に関するご要望にお応えしてきました。ハンダコテ先による問題解決に取り組んできた経験と実績から、「熱伝導安定性」、「メッキ特性の把握」、「加工生産性」といった点がコテ先の設計における最も大切な要素であると分析。より良いソリューションを求めて、研究開発にも意欲的です。業界内でのポジショニングは他に依存せず独立的で、そのため業界における情報集積地的な役割を担っていることも特徴。また、最大の宝である社員育成にも力を入れ、生産現場の環境改善、新商品に対する研究開発、課題への積極的な取り組みなど日々初心を忘れず取り組んでいます。

  3. 産業ロボット用フルオーダーメイドのコテ先で国内トップシェア

    産業ロボット用フルオーダーメイドのコテ先で国内トップシェア

    現代の生産現場におけるハンダ付け作業は、産業ロボットが担う傾向が高まっています。当社は独自に研究改良した技術を活かし、産業ロボット用のコテ先で国内トップシェアを確立。今では欧州や中国、ASEAN、インドなどにおいても取引先を拡大しています。産業ロボットは絶え間なくハンダ付け作業を行うため、その作業に耐えうるだけの性能と耐久性が求められます。当社は従来の耐久メッキに加え複合メッキを施すことで、より一層のハンダ上がり防止効果、高耐食性を実現しました。また、当社はお客さまのニーズに合わせた0.1mm単位の特殊形状のコテ先設計・製造も得意としており、さまざまな局面に対応したコテ先形状を製造しています。

仕事内容

【技術者を経てスペシャリスト】
弊社の核となる、コテ先製造部門の機械加工及び表面処理の技術者として、商品の開発・設計・製造に携わります。ハンダコテ先の製造には素材加工やメッキ処理、仕上げ加工、ハンダ処理、マスキング処理、製品検査など、30を超える様々な工程がありますが、その一つ一つについて丁寧な研修・指導を行います。スペシャリストを目指し、モノづくりに興味があれば着実にスキルアップできる環境です。

募集職種

先輩社員紹介

  • 銅素材で加工された品物に耐久メッキ処理を行う業務

    true

    製造二課(表面処理部門)

    川上貴行(45歳)
    専門学校日本ホテルスクール  ホテル科 卒
  • 非鉄金属及び耐久メッキ処理後の製品加工

    true

    設計課兼製造一課(金属加工部門)

    柘植野直樹(39歳)
    桜美林大学  経済学部経済学科 卒

採用情報

求める人物像・選考基準

true

【本年採用も実施中!!!選考は面接のみ。】
この度は、弊社の核となるハンダコテ先製造部門の機械加工及び表面処理スタッフとして、そして後々は多様に要求される商品の開発・設計・製造やユーザー様への技術コンサルに至るまでの業務を、共に歩んで頂ける有望な若い人材を募集できる機会が得られたことを心から嬉しく思います。

私たちが求める人材は、モノづくりに興味がある意欲溢れる若者です。

もちろん、機械や電気に関しての知識と実施経験は能力のベースとなるものなので高く評価しますが、若く入社し、長い年月を共にし、将来の弊社を支えて頂く仲間には、それ以上に大切な豊かな人間性が必要だと考えています。豊かな人間性は様々な要素で形作られますが、健康な心身と高い目標意識さえあれば、あとは日々の成長の中で培われていくものです。

創造性を持ち、探究心を忘れず、挑戦し続けることを恐れない。このようなモノづくりに興味がある意欲溢れる若者に、弊社の将来を託していきたいと考えています。

現代の生産現場におけるハンダ付け作業は、産業ロボットが担う傾向が高まりつつあります。それに対する対応には多彩な知識と能力が求められています。世の中のニーズに応え続けるため、ビジョナリーカンパニーを目指す弊社で是非一緒に成長していきましょう。

モノづくりに興味がある意欲溢れる若者を私たちは待っています!

続きを見る

会社情報・採用情報

会社情報

事業内容産業ロボット用・手付け用特殊耐久ハンダコテ先の開発および設計・製造・販売
設立1971/12/1
資本金3600万円
従業員数35名
売上高36,700万円(2017年10月期実績)
代表者安藤 昭一
事業所【本社】
神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町5-5
沿革1958 年 神奈川県横浜市にてメッキ業社として創業
1959 年 屋号を「安藤メッキ」とする 耐久ハンダコテ先に最適な鉄メッキ工法を開発。48時間耐久メッキシステムを確立、高耐久性の確保
1963 年 本社工場を東京都杉並区に移転し屋号を「イズミ技研」に変更。ハンダコテ先の専門メーカーとして専業化。松下電器産業(株)東京ステレオ事業部取引開始
1964 年 耐久ハンダコテ先基本構造(多重メッキ構造)についての実用新案取得。SILVER HIGH TIP、BLACK HIGH TIP シリーズ商品化
1971 年 神奈川県川崎市に「セラコート販売株式会社」を設立。バレルメッキ方式採用により量産体制確立、製造再現性の向上
1974 年 神奈川県横浜市へ両社移転
1978 年 京都セラミック株式会社(現「京セラ株式会社」)と平型セラミックヒーターのハンダゴテを共同開発。会社統合し「セラコート工業株式会社」へ社名変更。ハンダコテ先の熱効率向上(スリットチップ方式)の実用新案取得
1979 年 高千穂電気株式会社「コテペンシリーズ」へ平型セラミックヒーター方式採用
1980 年 「コテペンシリーズ」発売開始
1982 年 長時間ソフトスタートメッキ方式確立、生産不良を大幅に軽減。ハンダコテ先の熱効率向上(カバーパイプ方式)の実用新案取得。ハンダコテ先の交換作業性(コレットチャック方式)についての実用新案取得
1983 年 現所在地へ本社工場新設移転。「コテペンQR シリーズ」発売開始
1989 年 「コテペン2シリーズ」発売開始
2002 年 自社サイト構築
2003 年 エンドユーザー向けハンダコテ先の専門ショッピングサイト運営開始。 「BLACK HIGH TIP」、「SILVER HIGH TIP」、「KOTESAKI」ブランド確立
2005 年 鉛フリーハンダ対策用コテ先(蓄熱型コテ先理論)についての特許取得
2006 年 インターネプコン・ジャパンへコテ先専門メーカーとして国内初の出展
2008 年 海外産業展示会に出展、海外営業部を発足
2009 年 海外展示会単独出展、本格的な海外展開を中国・ASEAN・インドにて開始
2012 年 香港に支社を設立 CERACOTE TECHNOLOGY CO.,LTD.
2015 年 香港支社の名称変更 CERACOTE TECHNOLOGY (HK) CO.,LTD.
     賽烙科特技術(香港)有限公司

採用情報入社後のモデルケース

大学卒・技術職(機械、電気)
採用人数今年度予定 1~5名
昨年度実績(見込) 0名
初年度
月収例
月19万円程度(月給制)
選考例
  1. WEBエントリー締切 随時

  2. エントリーシート締切 随時

  3. 説明会随時

  4. 面接随時

  5. 内々定随時

応募・選考時
提出書類
OpenES、履歴書
その他の
ポイント

有休消化50%以上、転居を伴う転勤なし、住宅補助あり、家族手当あり、いろいろな職種を経験できる

連絡先:
セラコート工業株式会社
〒230-0001
神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町5-5
採用担当
TEL:045-575-3639